1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 64年ぶり帰郷の路面電車 小田原のシンボルへ“再出発”

64年ぶり帰郷の路面電車 小田原のシンボルへ“再出発”

話題 | 神奈川新聞 | 2021年3月12日(金) 22:01

64年ぶりに里帰りし、公開が始まった路面電車「モハ202号」と小室さん=小田原市南町

 かつて小田原市内を走り、64年ぶりに長崎から「帰郷」した路面電車「市内線モハ202号」の一般公開が12日、同市南町の報徳広場で始まった。地元有志がクラウドファンディング(CF)で資金調達に汗をかき実現。今年で“96歳”を迎える車両は懐かしの城下町で第二の人生へ「折り返し運転」を始めた。関係者は「街の新たなシンボルに」と熱い視線を注いでいる。

 小田原の路面電車は箱根登山鉄道が1935年から56年まで運行。国道1号を走り「チンチン電車」の愛称で親しまれていたものの、自動車の交通量の増加に伴い廃線となった。

 公開された車両は25年に製造され都内を走行。小田原では52年から4年間を過ごし、廃線後は長崎電気軌道の路面電車として2019年まで60年以上務めを果たしてきた。

交流広場で往時再現 車内の様子は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鉄道に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング