1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. どんぶりからあふれる東北の魅力 鎌倉の食堂で「復興丼」

3・11東日本大震災10年
どんぶりからあふれる東北の魅力 鎌倉の食堂で「復興丼」

話題 | 神奈川新聞 | 2021年3月9日(火) 05:00

東北産の海鮮を味わえる「復興丼」は、一日限定60食という=鎌倉市御成町

 東北の食材を味わいながら応援する「復興ランチ」が8日、IT企業カヤック(鎌倉市御成町)が同町で運営する「まちの社員食堂」で始まった。

 同社と東北在住の若者らが協力して企画し、代金の一部を被災地に寄付する。若者らは「東北の魅力を食べて、元気になってもらいたい。いつか東北を訪れるきっかけになれば」と話している。

 普段は、鎌倉で働く人々に限定してオープンしている同食堂が、今月19日までは全ての人たちに開放される。

まちの社員食堂で提供されている「復興丼」

 掲げられたメニューは「復興丼」。宮城県気仙沼市のメカジキ漬け、南三陸町のタコにホタテに三崎のマグロもたっぷり。東北と神奈川の味のコラボレーションに「みんな仲間」という思いを込めた。風味豊かなみそ汁のみそとワカメは陸前高田産だ。男性客は「新鮮でめちゃめちゃおいしい。今はコロナ禍で行けない東北を、食を通じて応援したい」と笑顔を見せた。

食材は現地から仕入れ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング