1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 災害時、ペットを守るには 三浦で3月講習会

災害時、ペットを守るには 三浦で3月講習会

話題 | 神奈川新聞 | 2021年2月15日(月) 05:00

第1回講習会でケージの説明をする講師の渡辺さん=昨年10月19日、三浦市内(石渡共同代表提供)

 台風や地震などの災害時、ペットの安全をどう確保するかを学ぶ講習会が3月に三浦市内で開かれる。

 主催する市民グループ「三浦ペットの防災」は、ペットの避難に関する市民の意識を高めるとともに、将来は市と協働で環境整備を進めたいとしている。

 昨年10月に第1回の講習会を開き、約30人が基礎的な知識を学んだ。

 災害時にペットを避難させるとき、飼い主らと同じ避難所だが避難場所は別々の「同行避難」と、飼い主と同じ場所で避難する「同伴避難」の違いを知らない人が7割ほどいたという。

 三浦市の避難所は同行は認められているが、同伴はできないといい、同グループの石渡ゆかり共同代表は「ペットの命を守るのは飼い主しかいない。今後は避難時のしつけなどにも取り組み、スムーズな避難につなげたい」と話す。

 ボランティア団体の渡辺智子代表が講師を務める第2回講習会は、初声町下宮田の市民交流センターで3月16日午前10時~正午、28日午後1~3時に開催。定員は各15人(先着)。参加無料。

 申し込み・問い合わせは、石渡共同代表電話090(8515)3756。

ペットに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング