1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 川崎産「香辛子」使ったチョコ バレンタイン向け限定販売

川崎産「香辛子」使ったチョコ バレンタイン向け限定販売

話題 | 神奈川新聞 | 2021年2月10日(水) 19:32

濃厚な甘さと香辛子の辛みが特徴の「香辛子チョコレートサラミ」

 川崎産の新種唐辛子「香辛子(こうがらし)」を使った新商品「香辛子チョコレートサラミ」を、川崎市麻生区の洋菓子店パティスリーエチエンヌが開発した。14日のバレンタインデーに向け、11日から150本を限定販売する。

 長さ25センチの円柱状チョコレートで、輪切りにするとサラミのような断面が見える。濃厚な甘さに加え、香辛子特有のかすかな辛みと香りが特徴。シロップ漬けにした香辛子とナッツ類、マシュマロを練り込んだ。

 開発したのは同店オーナーシェフで「かわさきマイスター」のパティシエ・藤本智美さん(49)。「多くの人に香辛子を知ってもらい、ピーマンやパプリカのような食材になってほしい」と呼び掛ける。

 香辛子はハバネロ、ブートジョロキアを改良し、「味の素」(同市川崎区)が開発。フルーティーな香りが特徴で、カロテノイドなどの健康成分や基礎代謝を向上させるカプシノイドを含む。市は同社やセレサ川崎農業協同組合と2019年から普及を進めている。

 価格は2700円(税込み)。同店電話044(455)4642、おむすび専門店「まんま─MIYU」(幸区)電話044(322)5171(予約のみ)で、午前10時から販売する。(井口 孝夫)

バレンタインに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング