1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 地下道に「一大絵巻」お目見え 厚木の伝統芸能、写真で紹介

地下道に「一大絵巻」お目見え 厚木の伝統芸能、写真で紹介

話題 | 神奈川新聞 | 2021年2月8日(月) 05:00

写真パネルの前に立つ左から撮影者の越智さん、増田さん、垣澤社中の垣澤瑞貴さんら=本厚木駅東口地下道

 神楽に出てくる「天狐(てんこ)」が駅前広場で舞を見せ、笑顔の大黒様がお団子をほおばろうとする…。

 厚木市の無形民俗文化財に指定されている伝統芸能「相模里神楽」の魅力を紹介する写真展が7日、小田急線本厚木駅東口地下道(同市中町)で始まった。

 東京工芸大(同市飯山)の学生が若い感性で撮影。8枚の写真パネルを長さ7・2メートル、幅90センチの絵巻物のようにつなげて地下道の壁面に飾り、通行人の目を引いている。

コロナ禍で祭礼中止に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

写真展に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング