1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. エリアナ・パブロバの足跡今も バレエ発祥の地@七里ガ浜

三浦半島・西海岸物語18
エリアナ・パブロバの足跡今も バレエ発祥の地@七里ガ浜

話題 | 神奈川新聞 | 2021年1月16日(土) 17:24

 日本バレエ文化の発祥は、鎌倉・七里ガ浜といわれている。1919年にロシアから来日したバレリーナ、エリアナ・パブロバが国内初のバレエスクールを開いたのが始まりという。言葉が通じない異国でも、創作や指導に情熱を注ぎ続けたエリアナは今年、没後80年。亡き後も妹ナデジダや弟子たちが受け継ぎ、バレエ文化の礎が築かれてきた歴史が、鎌倉に伝え残されている。

七里ガ浜の浜辺で踊るエリアナ(中央)と生徒たち

 エリアナは1897年ごろにコーカサスで生まれ、ロシア革命を逃れて母ナタリア、妹ナデジダと来日。神戸や横浜などを経て後援者がいた鎌倉で暮らし始め、1926年ごろ七里ガ浜にスクールを開いた。

 潤光学園(現・法政大学国際高校)でもバレエを教え、全国を回って20年で80回以上の公演と310作品を披露。弟子と映画出演するなど、あらゆる角度からバレエを身近にした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

バレエに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング