1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. パンなのに「あいす」? 横浜・馬車道、斬新アイデアで評判

パンなのに「あいす」? 横浜・馬車道、斬新アイデアで評判

話題 | 神奈川新聞 | 2021年1月1日(金) 05:00

焼き上がったばかりの「馬車道あいすくりん生食パン」=馬車道グラヌーズ

 文明開化の玄関口として開港期から西欧文化を取り入れてきた横浜・馬車道。この地で一度閉店したパン店が、高級食パン専門店として生まれ変わった。

 創業から20年余り「黄色のパン屋さん」の愛称で親しまれながらも、ファンに惜しまつつ歴史に幕を下ろしてから4年。

 パン職人に再起を促した新オーナーの人脈と斬新なアイデアで、古くて新しい街にふさわしい“本物の味”を追求した。

看板メニューは「あいすくりん」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

パンに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング