1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 憲剛選手と写ろう 小田急線新百合ケ丘駅に等身大パネル

憲剛選手と写ろう 小田急線新百合ケ丘駅に等身大パネル

話題 | 神奈川新聞 | 2020年12月21日(月) 05:00

駅構内に設置されたJ1川崎フロンターレの中村憲剛選手の等身大パネル=小田急線新百合ケ丘駅

 サッカーJ1川崎フロンターレのMFで今季で現役を引退する中村憲剛選手(40)の等身大パネルが、小田急線新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)の改札内コンコースにお目見えした。同チームと小田急電鉄が設置した市内唯一の“ツーショットスポット”で、来年1月20日まで記念撮影などが楽しめる。

 長年にわたりチームに貢献した中村選手への敬意を表し実施している「One Four KENGO」プロモーションの一環。チームの練習場が同区内にあることや、2023年に同線生田駅(同市多摩区)近くに「フロンタウン生田」(仮称)の完成が予定されていることから企画した。

 パネルは身長175センチの中村選手とほぼ同じサイズ。入団時の03年に撮影された背番号26のユニホーム姿と今年撮影された写真の2枚1組で、「チームの象徴。18年間の重みをかみしめてもらえたらうれしい」(同チーム)としている。

 コンコースへは、始発時間から終電時間まで入場可。入場券がなくても改札係員に申し出れば入場できる。

中村憲剛(サッカー)に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング