1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 太陽に照らされ、潮風に吹かれ… 三浦海岸で大根の天日干し

太陽に照らされ、潮風に吹かれ… 三浦海岸で大根の天日干し

話題 | 神奈川新聞 | 2020年12月1日(火) 05:00

葉の部分を切り落とし、天日干しした大根をトラックに積む長谷川さん=三浦海岸

 穏やかな潮風が流れる三浦市・三浦海岸で、大根を太陽と寒風にさらす天日干し作業が行われている。人影まばらな砂浜に出現した「白と緑のカーテン」が季節の移ろいを感じさせる。

 南下浦町上宮田の下惣農園では、畑から収穫したばかりの大根を洗い、海岸に設置した柵に5日から1週間干した後、米ぬかで10日間ほど自家漬けして浅漬けたくあんを作っている。

 経営者の長谷川明さん(49)によると、砂浜に干すと大根の乾きが早く、寒さにも強いという。「今年の大根は台風の被害も受けず、まずまずの出来」と太鼓判を押す。

 天日干し作業は来年2月まで続き、ざっと4万本を漬ける。たくあんは三浦の農家が集まった研究会の統一ブランド「まいるど」の商品名で販売している。

 問い合わせは、下惣農園電話046(888)0516。

三浦海岸に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング