1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 鎌倉文学館35周年特別展 川端康成が描く日本の伝統美

鎌倉文学館35周年特別展 川端康成が描く日本の伝統美

話題 | 神奈川新聞 | 2020年11月16日(月) 11:00

川端の作品や愛蔵品などが並ぶ特別展=鎌倉文学館

 鎌倉文学館(鎌倉市長谷)が開館35周年を記念し、特別展「川端康成 美しい日本」を開催している。

 1935年から鎌倉に暮らし、日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した作家・川端康成(1899~1972年)は数多くの作品を生み出してきた。

 一貫して追求してきた日本の伝統美や鎌倉とのゆかりの深さを、作品の原稿や愛蔵品など約80点から感じ取れる。

初公開の展示品も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鎌倉文学館に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング