1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 掘り出し物を品定め パシフィコで8日まで「骨董ワールド」

掘り出し物を品定め パシフィコで8日まで「骨董ワールド」

話題 | 神奈川新聞 | 2020年11月7日(土) 05:00

お宝を探す来場者でにぎわう会場=パシフィコ横浜

 日本全国のアンティークディーラーが出店する国内最大規模のアンティークイベント「横浜骨董(こっとう)ワールド」が6日、パシフィコ横浜(横浜市西区)で始まった。掘り出し物を求めるアンティークファンの熱心な姿が見られた。8日まで。

 これまでは年に2回の開催だったが、今年4月は新型コロナウイルスの感染が広がっていたため中止になり、1年ぶりの開催。コロナ禍における室内での同規模のアンティークイベントとしては、関東圏で初めての開催となる。

 首都圏での活動を控える地方のディーラーもおり、出店は昨年の半数の約100社。店と店の間隔を広めにとり、来場者には手指の消毒や検温、連絡先の記入を求めるなど、感染予防に努めている。

 主催する横浜骨董ワールド事務局の竹日忠芳さん(68)は、状況は厳しいとしながらも「業者さんも半年以上巣ごもり状態だったので、売り上げよりも、まずは久しぶりに会えて、仕事ができたことが何よりという感じ」と話した。来場者は店主に品物の由来を尋ねたり、値切り交渉をしたりと展示即売ならではの交流を楽しんでいた。

 入場料は千円で期間中有効。午前10時から午後5時まで。問い合わせは、同事務局電話080(3159)7744。

パシフィコ横浜に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング