1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. にぎわい復活へ全力 GoTo商店街 横浜・磯子と湯河原

新型コロナ
にぎわい復活へ全力 GoTo商店街 横浜・磯子と湯河原

話題 | 神奈川新聞 | 2020年10月21日(水) 11:20

 新型コロナウイルスに対応した政府の需要喚起策「Go To キャンペーン」商店街事業が、神奈川県内でも本格化する。第1弾の支援対象には横浜市磯子区と湯河原町の商店街が選ばれ、にぎわいを取り戻す準備をスタート。それぞれ地元の魅力を発信して注目度アップを図り、集客増につなげたい考えだ。

景品を用意

マスク姿の住民らでにぎわった今夏の祭り=横浜市磯子区(サンモール洋光台提供)

 「いち早く参加すべきと考えた。運営に苦労している他の商店街の参考事例にもなれればいい」

 JR洋光台駅前商店街の「サンモール洋光台」(横浜市磯子区)の柿木稔会長(50)は、キャンペーンがコロナ禍で深刻なダメージを受けた店舗の起死回生策になればと期待する。

 採択された事業は、31日から開催するイベント「新しい生活様式 にぎわい商店街」。目玉はレシート枚数に応じて景品と引き替える「レシートラリー」だ。

 スタンプラリーに比べ接触機会が少なく、3月にも実施。通常は500円以上のレシートが対象だが、来店客の分散に向け午後3時以降は100円以上で有効にする。

 景品にはキャベツや小松菜といった横浜野菜をはじめ、市内で採れた梨、小田原産の魚の干物などを用意。国補助金の対象となる「地域産品を活用した景品」で、人件費や消毒液購入費なども含め約300万円を受給する見込みだ。

地場産販売

地場産品や手作り作品の販売が行われる「ぶらん市」=2015年11月、湯河原町土肥(湯河原駅前通り明店街提供)

 湯河原町の商店街「湯河原駅前通り明店街」は、25日に開催するイベント「ぶらん市(ち)」が支援対象に選ばれた。町商工会と連携して「湯河原みかん」のブランド力向上に取り組む企画を展開。日本大の学生らによるアンケートなども実施し、産学連携で町の新たな魅力創出を目指す。町で収穫した極早生(ごくわせ)ミカンも販売する予定だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

観光に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング