1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 水田の上には太陽光発電 米作り3年目で初収穫、お酒に

水田の上には太陽光発電 米作り3年目で初収穫、お酒に

話題 | 神奈川新聞 | 2020年10月4日(日) 12:00

鎌を手に残った稲を刈り取る関係者=小田原市桑原

 小田原市桑原の水田の上に太陽光発電パネルを設置したソーラーシェアリング(営農型太陽光発電所)で3日、米の刈り取りが行われた。3年目にして実質的に初めての収穫に関係者も「ソーラーシェアリングで米が収穫できることが証明できてほっとした」と話した。

 同施設は合同会社「小田原かなごてファーム」が12アールほどの休耕田に約200枚のパネルを設置して2018年3月に完成させた。水田に設置したのは県内初で、現在でも唯一という。

収穫量は?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

太陽光発電に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング