1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. こんなにうれしいことはない ガンダム12月発進 横浜

こんなにうれしいことはない ガンダム12月発進 横浜

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月30日(水) 05:40

横浜・山下ふ頭に建った18メートルのガンダム像((C)創通・サンライズ)

 横浜・山下ふ頭(横浜市中区)で人気アニメ「機動戦士ガンダム」の実物大ガンダム像(高さ約18メートル)を展示し、動かす施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のオープンが、12月19日に決まった。頭部や手足が動き、30分ごとに趣向を凝らした演出が楽しめるほか、夜にはみなとみらい21(MM21)地区をバックにライトアップされる。

 29日に東京都内で開かれた会見で、プロジェクトリーダーを務める映画監督の本広克行さんは現地視察時を振り返り、「動くことが信じられない。見る価値がある」と力を込めた。

ガンダム像とみなとみらい((C)創通・サンライズ)

 同施設は、15~18メートルの高さから間近に見学できる特別観覧デッキを備えた「GUNDAM─DOCK」と、動くガンダムの仕組みなどを学べる「GUNDAM─LAB」の二つのエリアで構成される。

 テレビアニメ放送40周年を記念したプロジェクトの一環。当初は10月オープンを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期が決まっていた。

 入場料は13歳以上1650円など。特別観覧デッキの入場料は別途3300円。チケット販売は10月2日の午前10時から、公開は2022年3月31日まで。不定休。

ガンダム像の右手部分((C)創通・サンライズ)
ガンダム像の左足部分((C)創通・サンライズ)
ガンダム像((C)創通・サンライズ)

アニメに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング