1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 閉校前最後の運動会、見せるぞ練習成果 一丸で縄跳び競技

閉校前最後の運動会、見せるぞ練習成果 一丸で縄跳び競技

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月22日(火) 10:30

ダブルダッチの練習をする児童ら=山北町立三保小学校

 児童数減による統合で来年3月末で閉校する山北町立三保小学校(同町中川)で27日、最後の運動会が開かれる。全校児童10人は現在、全校一丸のシンボルでもある2本の縄を使った縄跳び競技「ダブルダッチ」の練習に汗を流している。昨年より上手になった姿を地域住民に披露し、最後の思い出にしようと張り切っている。

 体育館にリズミカルな音楽が流れると、児童らは息の合ったダンスを見せながら、教員2人が回す2本の大縄を器用に跳び、最後は決めポーズ。リハーサルを見守っていた児童とほぼ同じ人数の教員らが「うまくできた」と拍手した。

 児童数の減少が続いていた三保小は、児童の学習面や学校運営などの課題解決のために市街地にある町立川村小学校(同町山北)に2021年度に統合される。

 三保小の運動会は18年まで「対抗戦」形式で行われていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

廃校に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング