1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「コキアの里」、新たな名所へ 松田町で22日に開園式

「コキアの里」、新たな名所へ 松田町で22日に開園式

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月20日(日) 05:00

丸々と茂ったコキアと飯田さん(左)=松田町のコキアの里

 松田町の新たな名所にしようと、町内の飲食店主、飯田勝宏さん(75)が昨年、松田山にオープンした「コキアの里」が22日に2年目のシーズンの開園を迎える。現在は丸々とした樹形のコキアが少し赤く色づき始めている。10月中旬には真っ赤になるという。

 コキアは和名で「ホウキグサ」と呼ばれる一年草で、秋になると樹形が丸くなり紅葉する。飯田さんはロウバイ、河津桜に続き町に観光客を呼べる名所をつくろうと昨年、遊休農地約17アールを借りて約2千株のコキアを植えた。だが、植える時期が早すぎて枯れたり、丸くならない品種だったりと観賞できるものは500株ぐらいしか残らなかった。

 今年は失敗を生かし、丸く紅葉した木から種を取って苗を作り、昨年より2カ月遅い7月ごろに植栽。現在は園内を埋め尽くすほどの約3300株が育っている。飯田さんは「昨年は何も分からない中でのスタートだったが、今年は絶対の自信がある」と深まる秋を楽しみにしている。

 22日の開園式は午前11時から。焼きそばやキノコ汁などが振る舞われる。西平畑公園内の町自然館から徒歩5分。運営ボランティアも募集している。問い合わせは、飯田さん電話090(8871)6464。

見ごろに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング