1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横須賀市役所、出迎えは「ロボット」 自力で動いて誘導も

横須賀市役所、出迎えは「ロボット」 自力で動いて誘導も

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月19日(土) 05:00

サービスロボットAYUDA(右)の実証実験=横須賀市役所

 横須賀市は18日、自力で移動できるサービスロボット「AYUDA(アユダ)」が、音声などで市役所来庁者を案内する実証実験を始めた。本庁舎1階の入り口そばに25日まで設置する。

 ソフトウエア会社のCIJ(横浜市西区)が台湾企業と共同開発したアユダは、話し掛けられた言葉を理解して簡単な返答をするほか、自力で動いて目的の場所へ誘導できる。職員らが話し掛けると、窓口の場所を教えたり、横須賀の特徴を説明したりしていた。

 横須賀市役所の業務の効率化や案内サービス強化が期待され、上地克明市長は「どんどん話し掛けてもらい、行政サービスの発展につなげたい。費用面など課題もあるが、できる限り導入に向けて進めたい」と話している。

ロボットに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング