1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 食堂オーナーらが慈善バザー 閉店家具など処分し、寄付へ

新型コロナ
食堂オーナーらが慈善バザー 閉店家具など処分し、寄付へ

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月18日(金) 05:00

道の駅『夢・Dream』食堂

 県立観音崎公園(横須賀市鴨居)内にある「道の駅『夢・Dream』食堂」のオーナーらが19日からチャリティーバザーを開く。

 新型コロナウイルスの影響で店を閉める仲間が増え、使用していた家具などを売って福祉に役立ててもらいたいと企画された。収益は神奈川新聞厚生文化事業団に寄託される。

 同店前で19~22、26、27日の午前10時半から。オーナーの若杉利治さん(70)は「骨董(こっとう)的な値打ちのある商品もあって面白い。皆の気持ちを役立てられれば」と呼び掛ける。問い合わせは、同店電話046(845)1505。

新型肺炎に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング