1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 相模原の中学生発案 被災した熊本の中学校にサッカーボール

相模原の中学生発案 被災した熊本の中学校にサッカーボール

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月14日(月) 11:48

メッセージを書いたしおりを作る生徒たち=相模原市立田名中学校

 7月の豪雨で浸水被害を受けた熊本県芦北(あしきた)町の町立佐敷(さしき)中学校の支援活動に、相模原市立田名中学校(同市中央区田名)が取り組んでいる。

 生徒の発案で20万円の募金が集まり、現地の要望に基づき流失してしまったサッカーボールなどを発送した。今月にはメッセージを書いたしおりを挟んだ書籍も送り、支援を通じた交流が始まっている。

「人ごとに思えず」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

豪雨に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング