1. ホーム
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロシア、選挙監視団体スパイ認定

ロシア、選挙監視団体スパイ認定

国際 | 共同通信 | 2021年8月19日(木) 16:07

 【モスクワ共同】ロシア法務省は18日、独立系の選挙監視団体ゴロスを「外国の代理人として活動する非登録組織」リストに掲載したと発表した。ロシアで「外国の代理人」はソ連時代からスパイ組織に使われてきた呼称。

 9月中旬の下院選を前に、過去の選挙でプーチン政権与党「統一ロシア」側の不正を暴露して市民の抗議デモを招いたゴロスに信用をおとしめるレッテルを貼り、活動を制限する狙いがあるとみられる。

 インタファクス通信などによると、アルメニア人から資金提供を受けていることが認定理由とされた。ゴロスの共同代表は18日「有権者の権利擁護のため活動を続ける」と表明した。

国際に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング