1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 認知症治療の医療機関増設へ、県議会で黒岩知事が意向/神奈川

認知症治療の医療機関増設へ、県議会で黒岩知事が意向/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2012年2月23日(木) 23:17

県議会第1回定例会の本会議が23日開かれ、自民党の新井絹世(横浜市磯子区)、三橋政雄(同南区)、民主党の浦道健一(同港南区)、山下昌一朗(相模原市南区)、みんなの党の日浦和明(川崎市中原区)の5氏が一般質問に立った。

5氏は、仕事と介護の両立、帰宅困難者対策、若者の就労支援、基地対策、災害時の自衛隊連携策などについて、黒岩祐治知事らの見解をただした。

黒岩知事は認知症患者への対応について、「急速な高齢化が進む中、働きながら介護する人を支援することは大変重要」と指摘。伊勢原と横須賀市の病院に設置されている「認知症疾患医療センター」を湘南東部、県央、県西の各地域に増設するとともに、患者家族への相談体制も強化する意向を示した。

【】

黒岩祐治に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング