1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大学生3人観光親善大使に 相模原市の魅力、全国へPR

大学生3人観光親善大使に 相模原市の魅力、全国へPR

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年3月16日(木) 02:00

観光親善大使委嘱状を手に笑顔を見せる(左から)尾身なつきさん、片山右京さん、久保田ゆりさん、高橋英礼奈さん
観光親善大使委嘱状を手に笑顔を見せる(左から)尾身なつきさん、片山右京さん、久保田ゆりさん、高橋英礼奈さん

 相模原の魅力を全国にPRする第11代相模原市観光親善大使が決まり、委嘱式が15日、市役所で行われた。18~41歳の応募者25人から選ばれたのは、尾身(おみ)なつきさん(21)=中央区、久保田ゆりさん(21)=南区、高橋英礼奈(えれな)さん(18)=緑区=の3人で、いずれも大学生。任期は4月1日から1年間。1、2日の「市民桜まつり」での司会やFMラジオ出演が初仕事となる。

 2007年から10年にわたり名誉観光親善大使を務めた元F1レーサーの片山右京さん(53)は、新設された終身名誉観光親善大使に就任。13年から4期続けた女子サッカー選手の岩清水梓さん(30)に代わり、4月から新たに歌手・お笑いタレントのタブレット純さん(42)、ソムリエの田崎真也さん(59)が名誉観光親善大使となり、各自の活動のなかで相模原市をアピールしていく。タブレット純さんは緑区出身、田崎さんは10歳から20歳までを南区で過ごした縁がある。

 委嘱式には第11代の女性3人と片山さんが出席。観光親善大使事業運営委員長から委嘱状を受け取り、「相模原を深く学び広く発信していく」「訪れた人が笑顔になるよう、明るさを忘れず活動する」など抱負を述べた(年齢などは4月1日現在)。

観光親善大使に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング