1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 民進・旧維新系分裂「再スタート」 江田グループ会合に13人

民進・旧維新系分裂「再スタート」 江田グループ会合に13人

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年3月15日(水) 02:00

 民進党内で最大勢力の旧維新の党グループ(約25人)が分裂し、江田憲司・党代表代行(衆院8区)ら13人が14日、国会内で会合を開いた。

 活動を休止していた同グループの「再スタート」と位置付け、江田氏を代表とし、世話人に4氏を選任。週に1度、情報交換するとともに、原発や安全保障などの政策勉強会を通じて仲間を増やしていく方針などを確認した。

 県内選出の国会議員は江田氏のほか、篠原豪(衆院比例南関東)、青柳陽一郎(同)、水戸将史(同)、真山勇一(参院神奈川選挙区)の4氏が出席。会場に足を運んだ13人以外にも、数人が行動を共にする見込みという。

 出席者の一人は「約半年ぶりの再スタート。新しいグループの名称を考えることになった」と説明。別の議員は「江田代表からは『今までのグループがなくなったわけではない。自由出席だ』という話があった」とも語った。

 旧維新の党の江田氏と松野頼久元官房副長官らは、昨年3月に旧民主党と合流して民進党を結成。両氏は党内最大勢力のグループの共同代表を務めていたが、同9月の党代表選で亀裂が深まり、活動を休止していた。

江田憲司に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング