1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大阪都構想に「全く反対」、林市長が持論展開/横浜

大阪都構想に「全く反対」、林市長が持論展開/横浜

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年7月28日(木) 22:00

「大阪都構想には反対」。横浜市の林文子市長は28日の会見で政令指定都市の将来像について持論を説いた。大阪府の橋下徹知事が府と政令市・大阪市との再編を掲げた同構想。11月に予想される府知事と市長のダブル選で最大の争点になると注目が集まっている。

林市長は「橋下知事が言う大阪市の分解、分割という考えには反対。アジアでは大きな市に特別な権限を与えて選択と集中で経済活性化を図っている。国際競争力に勝つためにも政令市を分割する発想は時代に逆行している」と批判した。

27日に開かれた指定都市市長会議での議論も引き合いに「(名古屋市長の)河村(たかし)さんも市が(愛知)県を吸収するぐらいの発言をしている。手法は少し違っても、基礎自治体が県から独立する考えは同じだ」と指摘。19政令市の“絆”を強調した。

一方で「県とは対立ではなく話し合っていくべきもの」と、権限や財源を持つ県への配慮も忘れなかった。

【】

大阪都構想に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング