1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 三浦市長が脱原発の必要性強調、「早急に政策転換を」/神奈川

三浦市長が脱原発の必要性強調、「早急に政策転換を」/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年6月16日(木) 18:57

三浦市の吉田英男市長は16日、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故に関連して「大きなリスクを伴う原子力発電の推進は国民の理解を得られない。(国は)エネルギー政策を早急に転換するべきだ」と述べ、「脱原発」の必要性を強調した。

同日開かれた市議会6月定例会の本会議で、立本眞須美氏(共産)の一般質問に答えた。

放射性物質が各地に拡散している現状にも触れ、「どこで何が起きるか分からない国難といえる状況」と危機感を表明。エネルギー政策の基本的なかじ取りは国の責務としながらも、「(エネルギー政策について)国民的議論がなされるのは妥当」と述べた。

このほか、出口眞琴(みうら市政会)、寺田一樹(フォーラムみうら)、藤田昇(公明)、出口正雄(無所属)の4氏が災害対策や経済振興策などについて、理事者側の考えをただした。

【】

脱原発に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング