1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 防災対策見直しに着手、冨田湯河原町長が所信表明/神奈川

防災対策見直しに着手、冨田湯河原町長が所信表明/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年6月2日(木) 20:49

湯河原町議会6月定例会が2日、開会した。4月の町長選で再選を果たした冨田幸宏町長が、所信表明演説で今後4年間の町政の道筋を示した。

喫緊の課題に挙げられる防災対策について、「18カ所ある緊急避難場所や避難経路の再検討」「保育園や小中学校、公共施設への防災行政無線の接続」を掲げた。地震・津波対策に関しては「一自治体でできることには限りがあり、県との連携の在り方を協議する」と述べた。夏場にかけて発生が懸念される「ゲリラ豪雨」の被害を抑えるために、他市町村と情報共有体制を構築する考えも明らかにした。

また、行財政改革はマニフェスト通りに進めていくと強調した一方、経済の停滞を防ぐために積極的な財政出動も辞さない構えを打ち出した。

上程された本年度補正予算案など7議案はすべて全会一致で可決された。

【】

防災に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング