1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市が国際刑事司法会議の誘致に名乗り

横浜市が国際刑事司法会議の誘致に名乗り

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年2月23日(木) 02:00

大規模改修が計画されているパシフィコ横浜の展示ホール=横浜市西区みなとみらい
大規模改修が計画されているパシフィコ横浜の展示ホール=横浜市西区みなとみらい

 横浜市の林文子市長は22日、2020年に国内で開催される第14回国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)の誘致活動を行っていることを明らかにした。同日開かれた市会本会議で松本研氏(自民党)の質問に答えた。

 コングレスは、国連が主催する刑事司法分野の世界最大規模の国際会議。国連事務総長に加え、各国の司法大臣、検事総長ら約150カ国4千人以上が参加する。5年ごとに開催され、前回(15年)開催地はカタールのドーハ。

 市によると、20年は4月に開催予定。横浜のほか、大阪市、広島県福山市などが開催地に名乗りを上げており、今年8月に内定、来年に正式決定する。

 横浜市西区のみなとみらい21(MM21)中央地区20街区では新たなMICE(国際会議などの総称)施設の整備が進められ、20年4月に供用開始される予定。林市長は「関係者の支援を頂きながら開催決定に向けてしっかり取り組む」とした。

パシフィコ横浜に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング