1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 東日本大震災:臨時職員採用や鎌倉観光に招待、被災者支援策を発表/鎌倉市

東日本大震災:臨時職員採用や鎌倉観光に招待、被災者支援策を発表/鎌倉市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年4月22日(金) 20:20

鎌倉市は22日、東日本大震災の被災者に対する生活支援事業などを発表した。転入者や中長期の避難者のため、民間賃貸住宅や、家賃などが無料の雇用促進住宅を計60戸確保。家賃補助(月5万円)や生活支援金(同3万円)の制度を設ける。家具など市民のリサイクル品の提供を仲介するほか、市の臨時職員として当面約10人を採用する。

被災地の避難所にいる被災者を鎌倉観光に招待するほか、鎌倉市民がボランティアに向かう場合のボランティア保険料の支援などを行っていく方針。支援事業費は、市が実施する被災者救援募金と市費で賄う。

また、震災で経営に影響の出た市内事業者支援のため、借換融資の新規導入などの金融支援を行う。

【】

ボランティアに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング