1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 統一地方選:県内の各党幹部の反応、選挙結果を振り返る/神奈川

統一地方選:県内の各党幹部の反応、選挙結果を振り返る/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年4月12日(火) 00:10

統一地方選前半戦は、知事選と相模原市長選で「相乗り候補」が圧勝した一方、県議、政令市議選では各党の明暗が分かれた。結果判明から一夜明けた11日、県内各政党幹部が選挙結果について振り返った。

【自民】

■「自信持って政策推進」

自民党県連の菅義偉会長は、統一地方選前半戦の結果を受けて会見した。知事選では推薦した黒岩祐治氏が170万超の票を獲得し、「予想を上回った。新知事は自信を持って政策を推進できる。われわれも支援していく」と述べた一方、「議会なのでチェック機能を果たすことも極めて大事だ」との認識も示した。

また、選挙前議席を上回り、第1党を維持した県議選は「予想より若干よかった」、横浜市議選も「躍進」と評価。川崎・相模原市議選については「守りの選挙だったが、もう少し擁立してもよかった」と笑顔を見せた。勝因については「菅政権への期待外れという声が大きかった。震災以降の政権能力のなさで、皆さんが自民に対する安心感を持たれたのでは」と分析した。

【民主】

■「候補者に申し訳ない」

民主党県連の笠浩史代表は、統一地方選前半戦を振り返り「民主党政権に対する厳しい逆風の流れを止めることができなかった。敗れた候補者に申し訳なく思う」と述べた。

敗因について、「現政権や既成政党に対する不信感で無党派層の支持を得られなかった」と指摘。東日本大震災への政府対応にも触れ「評価されていれば、もう少し違う結果になった」と悔しさをにじませた。

県議選で推薦を含め10人、横浜市議選で7人の現職が落選するなど、複数擁立した選挙区を中心に苦戦を強いられた同党。笠代表は「丁寧な擁立作業をしたが、結果として複数でなければ当選した選挙区も幾つかある」と述べた。ただ、現職2人の共倒れは「想定外」とし、後半戦終了後に詳しく分析するという。

【みんな】

■「コアな支持層課題」

初参戦の県議、政令市議選で大きく躍進したみんなの党の江田憲司幹事長は「自民党や、危機管理能力に問題がある民主党政権に飽き足らない層に支持を受けた。今後は各地で現職議員が支持起こしに努め、コアな支持層をつくるのが課題」と話した。

課題である県連組織の設置についても、県議会で第3党となったこともあり、「県議団や市議団から話があれば対応する」と前向きな考えを示した。次期衆院選に向けた小選挙区支部長の選定では「解散は遠のいたのでじっくり選考を行いたい」とした。

知事選で推薦した露木順一氏が敗れた点については「露木氏は覚悟を持って戦った。組織力も違う中で善戦されたのではないか」と述べた。

【公明】

■「各候補健闘勝利できた」

公明党県本部の上田勇代表は会見し、統一地方選前半戦の結果を「各候補が健闘し勝利できた」と総括した。

県議選と横浜・川崎・相模原市議選で計47人を擁立し46人が当選。勝因について「非常事態だからこそ実行力を持った候補者が重要だと一定の理解が得られたと思う」と分析した。

一方、横浜市議選は金沢区で現職5期のベテランが約350票差で敗れ、選挙前議席を1下回った。公明が統一選で全員当選を果たせなかったのは20年ぶり。上田氏は「非常に残念。みんなの党に票が流れたのか。想定外だった」と振り返った。

【共産】

■50年ぶりゼロ「重大な事態」

共産党は県議会唯一の1議席を失い、約50年ぶりに県議がゼロになった。

岡田政彦県委員会書記長は「新党の候補者が出たことによる激戦を勝ち抜く力が不足していた。県政の根本的な問題をただすための議席がなくなったことは重大な事態だ」と話した。

しかし横浜・川崎両政令市議選で現有議席を維持したことに触れ、「訴えが届いているところでは支持が広がった。後半戦では全員の当選を目指し、次回県議選で議席を取り戻したい」と述べた。

【神奈川ネット】

■訴える力が「弱かった」

神奈川ネットワーク運動は、県議選、横浜市議選で告示前と同じ1議席を得た。川崎・相模原市議選では計三つあった議席を失った。

山本裕子共同代表は「地域にセーフティーネットが必要なのに、私たちの引き付ける力、訴える力が弱かった。勝った選挙区の勝因を分析するなどして、後半戦に生かしていきたい」と話した。

【】

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング