1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 東日本大震災:大和市が市内の民間賃貸住宅を確保、生活支援金も提供へ/神奈川

東日本大震災:大和市が市内の民間賃貸住宅を確保、生活支援金も提供へ/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年4月7日(木) 19:55

大和市は7日、東日本大震災の被災者に対し、市内の民間賃貸住宅50戸を確保し、家賃を補助する、と発表した。入居時一時金や光熱費などの生活支援金も提供する。受け付けは、8日から6月30日まで。

家賃は月5万円を上限に最長6カ月、負担する。入居後、すぐに必要となる布団などの物品を購入する一時金も10万円を上限に、1世帯5万円に加え、入居者1人につき1万円を支給する。光熱水費や生活用品購入などの生活支援金も1世帯当たり月2万円を提供する。

予算総額は3千万円。大和市は同事業のため、補正予算を6日付で専決処分した。

住宅については県宅建協会県央東支部と協力し、家主に物件提供や家賃割引を呼び掛ける。市民からの物品寄付も広く受け付ける。市街づくり総務課は「市、事業者、市民が力を合わせて、被災者支援に取り組みたい」と話している。問い合わせは、同課電話046(260

【】

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング