1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 東日本大震災:宮城県に県職員2人が常駐へ、被災地とのパイプ役に/神奈川

東日本大震災:宮城県に県職員2人が常駐へ、被災地とのパイプ役に/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年4月7日(木) 19:49

東日本大震災の被災地支援を円滑に進めるため、県は8日から、宮城県庁の災害対策本部内に駐在員2人を置くことを決めた。被災地の情報をいち早くつかみ、現地と神奈川県のパイプ役となってもらうことが期待されている。

安全防災局の職員2人が1週間から10日のローテーションを組み、交代で常駐する。(1)被災地の支援ニーズの把握(2)神奈川県の支援策の周知(3)現地派遣された神奈川県職員に対する支援―が主な役割となる。

常駐期間は1カ月をめどとするが、必要に応じて延長もあるとしている。

【】

防災に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング