1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 保守対決激しい戦い、厚木市長選が投開票へ/神奈川

保守対決激しい戦い、厚木市長選が投開票へ/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2011年2月5日(土) 00:41

任期満了に伴う厚木市長選は6日、投開票される。いずれも無所属で、現職で再選を目指す小林常良氏(61)=自民、みんな、公明県本部推薦=と、新人で前市議会議長石射正英氏(57)が一騎打ちの選挙戦を展開。前回同様に、保守基盤を二分する激しい戦いとなっている。

小林氏は「改革を止めるな」と市政の継続を訴え、食の祭典「B―1グランプリ」の盛況などの市民協働による成果や行財政改革などの実績を強調。政党の支援や後援会組織などの支持固めを進める。

石射氏は「厚木復活」を掲げて、小林市政を批判。中心市街地の活性化や「健康都市」の推進を訴え、市民税・固定資産税の減税などを選挙公約に掲げる。街頭演説に力を入れ、支持層の拡大を図る。

前回12年ぶりに45%を超えた投票率の行方も当落に影響を与えそうだ。

投票は6日午前7時から午後8時まで。同8時50分から即日開票され、大勢判明は同11時ごろの見通し。

1月29日現在の有権者数は17万8378人(男9万2572人、女8万5806人)。

【】

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング