他にはない神奈川のニュースを!神奈川新聞 カナロコ

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 非日常的な乗車体験を 水陸両用バス プレオープン

非日常的な乗車体験を 水陸両用バス プレオープン

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年8月10日(水) 14:24

派手な水しぶきを上げて海に飛び込む水陸両用バス=日本丸メモリアルパーク
派手な水しぶきを上げて海に飛び込む水陸両用バス=日本丸メモリアルパーク

 横浜の都心臨海部を周遊する水陸両用バスの一般利用が10日、始まる。9月のグランドオープンに向けたプレオープンとの位置づけ。市港湾局の担当者は「非日常的な乗車体験を楽しんでほしい」と話している。

 同局にぎわい振興課によると、プレオープン中は毎日午前11時から午後5時まで1日4便を運行。同市西区みなとみらいの日本丸メモリアルパーク前から出発し、陸上で横浜赤レンガ倉庫などみなとみらい地区を走行した後に同パーク内から海に進水。大さん橋付近まで行き、同パークに戻ってくる。所要時間は約1時間。

 プレオープン中に利用状況や混雑具合などを確認し、9月後半のグランドオープンにつなげる考え。チケットカウンターの整備なども進め、便数やコース数も増やしていくとしている。

 料金は大人3500円、小学生以下1700円。荒天や風が強い日などは運休になる可能性もあるため予約販売は行わず、当日運行便を午前10時から先着順で販売する。問い合わせは、運行事業者の日の丸サンズ電話070(2186)0012。

 
 
 

みなとみらいに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング