1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「国会出席 効率化を」 河野行革相、改善の必要性説く

「国会出席 効率化を」 河野行革相、改善の必要性説く

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年6月10日(金) 12:10

 「大臣の時間の使い方が極めて非効率。もう少し何とかならないか」-。河野太郎行政改革担当相(衆院15区)は9日に都内で講演し、通常国会を振り返って、閣僚が職務を効率的に遂行できるよう、国会出席の在り方を含めた改善の必要性を説いた。

 行革のほか警察、防災、消費者、国家公務員制度など、幅広い所管事項を抱える河野氏。衆参委員会への出席要請も多岐にわたり、通常国会では計17委員会に上ったと明かした。

 一方で「予算委では全く質問を受けない大臣も含め、朝から夕まで全閣僚が出席している。大臣として、1分1秒が惜しい身としては、もったいないとも思う」。その上で「効率的で、権限と責任がはっきりした仕組みに直すことが大事」と訴えた。

 中央省庁の地方移転に関し「国が地方に提案をお願いしたわけだから、寄せられた提案には真摯(しんし)に向き合わないと」と指摘。所管の消費者庁や国民生活センターの徳島移転に重ねて意欲を示し、「役所は東京にあるのが当たり前という感覚が厳然としてある。地方に権限も財源も役所も出して、地方が元気になることが、アベノミクスを完遂させる意味でも大きい」と語った。

こちらもおすすめ

河野太郎(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング