1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 複数擁立で激戦必至 神奈川選挙区、定数4に11人名乗り

複数擁立で激戦必至 神奈川選挙区、定数4に11人名乗り

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年6月2日(木) 09:48

 国会議事堂
 国会議事堂

 夏の参院選で改選定数が3から4に増える神奈川選挙区は、1日時点で比例代表からの転出を含む現職4人と新人7人の計11人が名乗りを上げている。自民党と民進党はいずれも複数擁立を図るなど激戦となる。

 自民党は現職の小泉昭男氏が引退を表明。三原じゅん子氏が比例代表からくら替えして再選を目指す。党本部の強い意向で複数擁立が図られ、6年前に旧みんなの党で当選した無所属・中西健治氏が推薦候補となった。

 連立を組む公明党は、防衛大准教授だった新人・三浦信祐氏を擁立し、前回3年前と同様、議席獲得を狙う。自民党からも推薦を得た。

 旧民主党と旧維新の党が合流した民進党は、民主出身で現職の金子洋一氏に加え、維新出身の現職の真山勇一氏を比例代表から転出させ、2人擁立を決めた。

 県外の1人区では野党共闘を進めた共産党は、元会社役員で新人の浅賀由香氏を擁立し、18年ぶりの議席獲得を目指す。

 おおさか維新の会は、公募に手を挙げた元広告代理店社員の丹羽大氏を擁立。

 社民党は県連合代表の福島瑞穂氏が比例代表で改選を迎えることもあり、看護師で新人の森英夫氏を立て比例票の上積みも図る。

 日本のこころを大切にする党も、候補者擁立に向けて最終調整をしている。

 政治団体「幸福実現党」の壹岐愛子氏、政治団体「支持政党なし」の片野英司氏、無所属の佐藤政則氏も立候補を表明している。

神奈川選挙区立候補予定者
(改選数4)
三原じゅん子 51 元女優     自 現 (1) 
金子 洋一  53 党県連代表   民 現 (2) 
真山 勇一  72 元キャスター  民 現 (1) 
三浦 信祐  41 元防大准教授  公 新  
浅賀 由香  36 元運輸会社役員 共 新  
丹羽  大  39 元広告会社員  お 新  
森  英夫  44 看護師     社 新  
壹岐 愛子  30 幸福実現党員  諸 新  
片野 英司  45 支持なし県代表 諸 新  
中西 健治  52 元証券会社役員 無 現 (1) 
佐藤 政則  48 元介護施設職員 無 新  

表の見方】▽並び順は参院の政党勢力順▽数字は1日現在の満年齢▽代表的な職業・役職▽党派略称は自=自民党、民=民進党、公=公明党、共=共産党、お=おおさか維新、社=社民党、諸=諸派、無=無所属。政党要件を満たしていない政治団体は諸派と表記▽現職、新人の別▽丸数字は参院の当選回数。


 国会議事堂
 国会議事堂

参院選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング