1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 県看護賞に10人

県看護賞に10人

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年5月14日(土) 15:53

 第51回県看護賞が近代看護の創始者、ナイチンゲールにちなんだ看護週間(8~14日)の13日、受賞者10人に県立音楽堂で贈呈された。

 同賞は県内で保健師、助産師、看護師として長年活躍し、顕著な業績を挙げた人をたたえ、看護に対する県民の理解も深める目的で創設された表彰制度。

■受賞者は次の通り(敬称略)。

【保健師】青木恵子(茅ケ崎市保健福祉課長補佐)、田邉順子(横浜市社会福祉協議会都筑センター館長)
【助産師】小木戸千里(あかね助産院母乳育児支援室院長)
【看護師】尾花由美子(県看護協会研修課長)、佐竹信子(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター副病院長兼看護部長)、高砂裕子(一般社団法人南区医師会訪問看護ステーション管理者)、花井惠子(北里大学東病院副院長・看護部長)、前山直美(神奈川歯科大学短期大学部看護学科長・教授)、松本浩子(医療法人正永会港北病院看護部長)、矢島道子(県立保健福祉大学実践教育センター長)

看護に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング