1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「立憲主義に根本から違反」 横浜弁護士会長が抗議の談話

「立憲主義に根本から違反」 横浜弁護士会長が抗議の談話

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年3月30日(水) 11:20

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法の施行を受け、横浜弁護士会の竹森裕子会長は29日、施行に抗議する談話を発表した。

 談話では、安保法は憲法9条に違反すると指摘。法案を政府が閣議決定で決定したこと、憲法に拘束される国会議員によって構成された国会が立法化したことを「立憲主義に根本から違反する」と批判し、「法施行に至ったこと、阻止できなかったことは極めて残念」としている。

 同日、横浜市内で会見した竹森会長は「立憲主義に違反したことが、法律家として一番の問題と思っている点だ。今後とも法の廃止に向けて、取り組みを続けていきたい」と話した。

安保法制に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング