1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 文化財を守れ! 横浜・称名寺で消防訓練

文化財を守れ! 横浜・称名寺で消防訓練

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年1月23日(月) 02:00

文化財保護デーに先立ち実施された消防訓練=横浜市金沢区の称名寺
文化財保護デーに先立ち実施された消防訓練=横浜市金沢区の称名寺

 26日の「文化財防火デー」に先立ち、横浜市金沢区金沢町の称名寺で消防総合訓練が行われた。金沢消防署員や金沢消防団員、同寺や隣接する県立金沢文庫の職員に加え、地域住民も参加。文化財を多く抱える同地で火災が起きた際の対応を確認した。

 訓練は同寺の裏山で発生した火災が金堂まで延焼したという想定で実施。寺の職員らが放水による消火活動訓練を行ったほか、地元の住民たちは境内の阿字ケ池からのバケツリレーで初期消火活動を練習した。その後、金堂に納められた重要文化財の模擬品を運び出し、火が及ばない場所へ避難。消防車6台が出動し、金沢消防署員が一斉放水した。

 訓練終了後、平野龍雄消防団長は「金沢区は17カ所83件と横浜市で最も多く文化財を抱えており、しっかり守って後世に受け継いでいきたい」とあいさつ。須方隆證住職は「防火という言葉を意識して、日々努力、精進していく必要があるだろう」と話した。

こちらもおすすめ

防火訓練に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング