1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. UDタクシーの専用乗り場整備 JR新川崎駅

UDタクシーの専用乗り場整備 JR新川崎駅

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年3月19日(土) 10:33

UDタクシーだけが入っているロータリー=JR新川崎駅
UDタクシーだけが入っているロータリー=JR新川崎駅

 誰もが快適に利用できる「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」専用のロータリーが18日、JR新川崎駅前で供用を開始した。川崎市が県タクシー協会川崎支部との協定に基づき県内で初めて整備した。

 UDタクシーはスロープや段差の少ないステップなどが装備され、車いすのままでも乗車できる。ベビーカーや大きな荷物を持った乗客も利用しやすい設計となっている。

 専用ロータリーは従前のタクシー乗り場が約120メートル先に移設されたため、空いた場所にUDタクシー3台が待機できるようにした。市が整備費約2千万円を掛け、案内板やフェンスの設置、路面舗装などを施した。今秋には車両が待機していない時に走行中の運転手にメールで知らせる配車システムを同支部が導入する予定。

 市内のUDタクシーの台数は現在36台。市は普及のため、国の補助に上乗せして1台当たり上限20万円を補助している。同支部事務局長の大葉章彦さんは「こうしたロータリーが整備されていくと、導入しようと考える事業者も増えていくと思う」と話していた。 

タクシーに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング