1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. マンション鉄筋切断「あってはならない」 適切な対応を、横浜市長

マンション鉄筋切断「あってはならない」 適切な対応を、横浜市長

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年3月3日(木) 02:00

 横浜市西区の分譲マンション(262戸)で、建物と地下のくいをつなぐ基礎部分の鉄筋が切断される施工不良の可能性が疑われている問題で、林文子市長は2日、「あってはならないこと。住民の不安や苦痛を思うと胸が痛い」などと述べ、事業主らに対し安全性の確認や原因究明などを求めたと説明した。

 林市長は、2月29日に事業主と施工者から市担当者が報告を受けたとした上で、「23カ所で鉄筋を切断した可能性があり、37カ所で補強する鉄筋の有無が不明と聞いている」と説明。「重大な問題。国と連携しながらしっかりと対応する」と話した。

 事業者らに対しては、建物の安全性の確認と徹底した原因究明、住民への適切な対応を口頭で指導したといい、「本当に考えられない事態。しっかりと指導していくし、市民の相談には窓口を設けて応じていく」と述べた。

傾斜マンションに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング