1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「エアコンないのはなぜ?」 小学生が市長に質問 「すぐやる」と市長 相模原で意見交換会

「エアコンないのはなぜ?」 小学生が市長に質問 「すぐやる」と市長 相模原で意見交換会

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年2月6日(土) 11:14

加山市長(右)に質問や意見を投げかける子どもら=相模原市立川尻小学校
加山市長(右)に質問や意見を投げかける子どもら=相模原市立川尻小学校

 相模原市の未来を担う子どもたちの意見を市政に反映させようと、加山俊夫市長と小学生の意見交換会が5日、同市緑区の市立小学校で行われた。6年生約100人が、日常生活で感じている疑問や要望を市長に投げ掛けた。

 加山市長は、今後の市のまちづくりについて説明。リニア中央新幹線の中間駅設置や、在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)の一部返還地の施設整備を挙げ、「あと10年すると相模原は大きく変わる」と強調した。

 意見交換では、「サッカーや野球ができる公園が少ない。もっと造れないのか」という男子児童の要望に、加山市長は「サッカーや野球は危ないので、制限をしている。今、公園のあり方を検討しているので、みなさんが自由に練習ができる環境をつくりたい」と回答した。

 「夏、教室はとても室温が高くなる。エアコンがある小学校とない小学校があるのはなぜ」という切実な質問には、「全部の学校に整備しようと始めたけれど、いっぺんにやると数十億円かかる。すぐやりますから、もう少し待って」と約束した。

在日米陸軍相模総合補給廠に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング