1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大涌谷「見事に対応」 官公庁仕事納めで知事

大涌谷「見事に対応」 官公庁仕事納めで知事

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年12月29日(火) 02:00

職員の一年の労をねぎらった黒岩知事(左)=県庁
職員の一年の労をねぎらった黒岩知事(左)=県庁

 官公庁や多くの企業で仕事納めとなった28日、首長ら各トップは職員の一年の労をねぎらい、新年に向けて奮起を促した。

 黒岩祐治知事は、県庁本庁舎など111部署を歩いて回り、今年を振り返りながら職員に声を掛けた。箱根山・大涌谷の火山活動をめぐる対策の中心を担った安全防災局では「準備してきたことで、見事に対応できた。誇りをもっていい」と強調。県民局文化課の職員には、「19年ラグビーワールドカップを目標にパワーを増し、客が足を運んでくれる成功をイメージして前に進んでほしい」と文化芸術施策の発信力アップに期待を寄せた。

 県警の仕事納め式では、島根悟本部長が幹部約230人を前に「県民の平穏な暮らしを守るため努力していただいた」とあいさつ。刑法犯や特殊詐欺の認知件数、交通死亡事故がいずれも前年を下回ったことに加え、「国際テロ情勢が緊迫の度合いを増す中、数多くの警備実施でほぼ所期の目的を達成できた」などと成果を強調。その上で「すべての職員が職責を自覚し、それぞれの持ち場で最善を尽くした成果」とあらためて感謝の意を示した。

仕事納めに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング