1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 補修し来春再開へ 利用中止の鶴見川漕艇場

補修し来春再開へ 利用中止の鶴見川漕艇場

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年11月20日(金) 03:00

利用を中止している横浜市鶴見川漕艇場 (市体育協会提供)
利用を中止している横浜市鶴見川漕艇場 (市体育協会提供)

 毎年延べ3万人前後のボートやカヌー愛好家に利用されている横浜市鶴見川漕艇(そうてい)場(鶴見区)が、6月から利用を中止している。艇の発着場である台船の一部に腐食が見つかり、安全性を保てなくなったためだ。利用者から早期再開を望む声が出る中、市は補修工事を行い、来年4月の再開を目指す。

 市スポーツ振興課などによると、同漕艇場は1988年にオープン。アマチュアの愛好家に親しまれ、500人以上が参加し年4回開く市民大会など、イベントも定期的に開催されている。

 同漕艇場の職員が今年3月、台船を支える4本のくいのうち1本が老朽化で腐食しているのを発見。その後、残りのくいも全て腐食していることが分かり、6月22日から乗艇の利用を取りやめた。大会だけでなく、市体育協会が主催する子ども向け教室も中断している。

 利用者からは理解を示しつつも早期再開を訴える声が上がる。NPO法人横浜市ボート協会によると、同漕艇場は都心部から近く関東近県からの利用も多い。利用中止後は、県内の相模湖や宮ケ瀬湖のほか、埼玉県戸田市まで足を延ばして練習する人もいるという。

 同協会の鈴木信太郎会長は「遠方まで行くのは時間もお金もかかる。鶴見では来年4月に大会も予定している。参加者が練習できるように、もう少し早く再開してもらいたい」と要望している。

 市によると、くいの補修は15年ぶり。水中でくいの一部を交換する予定だが、具体的な工法などは今後詰めるという。同課の施設緊急補修費から賄うため、新たな予算措置は行わない。市は「安全に利用してもらえるよう着実に工事を行い、一刻も早い利用再開を目指す」としている。

鶴見川に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング