1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ふるさと納税見込み10倍に 小田原市が上方修正

ふるさと納税見込み10倍に 小田原市が上方修正

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年10月10日(土) 03:00

 返礼品として特産品などの特典を付けた小田原市のふるさと納税の寄付額が想定を上回り、9月のスタートから約1カ月で2015年度見込みの1千万円に達成した。ふるさと納税は11月から12月にかけてピークを迎えることが予想され、市は本年度末までの見込み額を当初の10倍となる1億円に上方修正した。

 9月1日にスタートした市の特典付きふるさと納税は、10月3日に本年度末までの見込み額の1千万円を突破。同5日現在で552件、計1080万円の寄付が集まった。導入前の14年度は4件、計7万円だっただけに大幅に増加している。

 人気の特典は、干物、梅干し、牛肉などで、市内のゴルフ場でのプレー券や温泉施設の入館券なども人気があるという。

 市広報広聴課は「現在の特典は61品目だが、今後はおせち料理や寄せ木細工、まち歩き観光などをラインアップに加え、都市セールスの観点からさらに充実させたい」と話している。

ふるさと納税に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング