1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 鎌倉市が職員と消防士を処分 遅刻44回

鎌倉市が職員と消防士を処分 遅刻44回

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年9月15日(火) 03:00

 鎌倉市は14日、遅刻を繰り返していた市納税課の男性職員(61)と、引っ越し業務のアルバイトをしていた市消防本部の男性消防士長(45)の2人をいずれも戒告の懲戒処分とした。

 市によると、男性職員は2014年1月から今年7月にかけて計44回、1~5分ほどの遅刻を繰り返していた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

不祥事に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング