1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 無断欠勤などで職員4人懲戒処分 神奈川県

無断欠勤などで職員4人懲戒処分 神奈川県

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年9月1日(火) 03:00

 神奈川県は31日、無断欠勤を繰り返した会計局の女性職員(30)を停職1カ月の懲戒処分とするなど、計4人の懲戒処分を発表した。

 女性職員は昨年6月から12月に計5回、本庁舎での会議を無断で取りやめ、欠勤。頭痛や吐き気など体調不良を理由としたが、届け出ていなかったという。

 また県は痴漢行為をしたとして、企業庁の男性職員(21)を減給3カ月の懲戒処分とした。同職員は1月19日午後2時ごろ、小田急小田原線の車内で、隣に座っていた女子高校生の太ももをスカートの上から触ったという。3月3日に県迷惑防止条例違反容疑で小田原区検に書類送検され、同17日に被害者と示談が成立。同24日に不起訴処分となった。

 県はこのほか、横浜市内のアパート居室をのぞいたとして、総務局の男性職員(36)を減給1カ月、車検切れの車で別の車と接触事故を起こしたとして、企業庁の男性職員(25)を戒告処分とした。

懲戒処分に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング