1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 検証・黒岩流4年(4)異次元「神奈川県外交」、覚書の山

2015統一地方選
検証・黒岩流4年(4)異次元「神奈川県外交」、覚書の山

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年2月24日(火) 12:11

 「アフリカへの開発支援を行う仏政府機関『CVT-Sud』とのMOU(覚書)締結で、本県のライフサイエンス産業のアフリカへの展開も期待できる」

 2014年10月21日の定例記者会見。神奈川県知事の黒岩祐治は、3日前に帰国した欧州訪問の成果に胸を張った。

ベトナムを訪れグエン・タン・ズン首相(右)と会談した黒岩知事。この訪問で県はベトナム計画投資省と「経済交流に関する覚書」を締結した =2014年7月(県提供)
ベトナムを訪れグエン・タン・ズン首相(右)と会談した黒岩知事。この訪問で県はベトナム計画投資省と「経済交流に関する覚書」を締結した=2014年7月(県提供)

 黒岩が、最先端の医療・健康産業の創出を目指す「ヘルスケア・ニューフロンティア」を進める上で重視してきた「知事外交」。県民に健康活動を促す「未病」は「ME-BYO」と変換。早くから「米国、アジアと来て、次は欧州だ」と言い、頭の中で世界戦略を描いてきた。

 政府機関や州、大学のトップと会い、医療分野などで協力するMOUを重ねてきた。その数は、県が主導する一般社団法人「ライフイノベーション国際協働センター」分も含め、担当局関係で10に上る。

 新産業創出に向けて県内発の最先端の薬・医療機器を諸外国に売り込むと同…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

神奈川県知事選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング