1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 消せるペン使用 改善徹底求める 横須賀市監査委

消せるペン使用 改善徹底求める 横須賀市監査委

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2015年1月28日(水) 03:00

横須賀市監査委員は、3部局5団体に対して実施した監査の結果を公表した。決裁文書の決裁日を、文字を消すことができるボールペンで記入していた事例などについて、改善を求めた。

このボールペンを使っていたのは、こども育成部の教育・保育支援課で、私立幼稚園の建設費補助金交付決定の決裁文書。監査では「訂正の痕跡が残らないため容易に改ざんされる恐れがあるほか、保管状況によって意図せず退色する可能性もあり、適切ではない」などとし、改善の徹底を求めた。

監査委員事務局によると、担当者は普段から同ボールペンを使っており、使い勝手が良いので、問題の文書でも、つい使用してしまったという。

市議会事務局への監査では、政務活動費収支報告書で、交通費の支払確認書がない例が2件、領収書の品名を店舗ではなく、本人が書いていたケースが1件見つかり、適正な事務処理を行うよう求めた。

また、市が出資する横須賀市生涯学習財団については、会計処理規程で年に2回実施することになっている内部監査が1回しか行われていなかったと指摘し、適正に行うよう求めた。

【神奈川新聞】

改ざんに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング