他にはない神奈川のニュースを!神奈川新聞 カナロコ

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 松沢成文氏が次世代に入党

松沢成文氏が次世代に入党

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2014年11月27日(木) 03:00

次世代の党への入党を表明する松沢参院議員(中央)と和田参院議員。右端は次世代の平沼党首=衆院第2議員会館
次世代の党への入党を表明する松沢参院議員(中央)と和田参院議員。右端は次世代の平沼党首=衆院第2議員会館

解党するみんなの党の松沢成文参院議員(神奈川選挙区)は26日、国会内で会見し、次世代の党に入党することを表明した。同党の副党首に就任する予定。28日のみんなの解党後、和田政宗参院議員とともに速やかに入党する。

松沢氏は「次世代で自民でも民主でもない第三極をつくり、究極の目的である憲法改正に向けて歩む決断をした」と説明。「総選挙では全国を回り、次世代の仲間が当選できるよう頑張りたい」と語った。

衆院選を前に、みんなから民主党に入る国会議員の動きについては「残念だ。第三極で結集したのに、選挙が怖くて大きな政党に逃げていく」と苦言。「強い第三極をつくる運動を新たに始めたい」と強調した。

次世代の平沼赳夫党首は、松沢氏が入党の条件に挙げていた(1)受動喫煙防止法の制定(2)日本たばこ産業(JT)の完全民営化(3)江戸城天守閣の復元-を党政策に位置付けるとした上で、「(入党は)大変心強い。八面六臂の活躍をしてほしい」と話した。

次世代は24日に松沢、和田両氏に入党を要請していた。

【神奈川新聞】

松沢成文(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング