1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「一方的に候補者降ろさない」 次期衆院選で共産・志位委員長

「一方的に候補者降ろさない」 次期衆院選で共産・志位委員長

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年11月26日(土) 10:57

演説する共産党の志位委員長=関内ホール
演説する共産党の志位委員長=関内ホール

 共産党の志位和夫委員長が25日、横浜市中区の関内ホールで講演し、次期衆院選の野党間の選挙協力について、「ほとんどすべての小選挙区で候補者を擁立する。一方的に候補者を降ろすことは全く考えていない」と強調した。

 現職の畑野君枝氏(比例南関東)が10区(川崎市川崎区、幸区など)から出馬を予定するなど、同党は県内8小選挙区で1次公認候補予定者を決めている。

 講演後、志位氏は10区の位置付けについて「現職の国会議員が挑戦するので、当然勝利を目指す重要な選挙区になる」と述べた。

共産党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング